腸の老化を防いで快適な毎日を送りましょう

年齢と共に腸も老化する。

当たり前の様で、そんなことあるの?という気もしますが、腸も老化するのです。

年齢と共に筋肉が落ちてきたり、固くなってきたりしますが、それと同様に腸管は筋肉層でできているので加齢と共に弾力性が落ちてきます。

弾力性が落ちると、腸内の内容物を送り出す力が弱くなるので便が硬くなったりして、便秘になります。

便秘というと女性がなりやすいように思いますが、65歳以上になると男性の便秘も増えてきます。

たかが便秘と思うかもしれませんが、大腸癌が発見されるところは直腸やS状結腸が70%を占めます。

便秘との関係は特定されていませんが、肛門付近の便が溜まりやすい部位に多く見られます。

このため、老廃物を腸にとどめておかないことが、大腸癌の予防にも大切ではないかといわれています。

便秘の解消のため食物繊維を多くとるのは大切ですが、不溶性食物繊維を摂りすぎると、返って便秘を悪化させることになるので注意が必要です。

暑い夏には冷たい飲み物を飲みすぎないようにすることも必要です。

腸を冷やしてしまうと交感神経が優位になり、腸の働きが鈍くなるからです。

年齢と共に腸内細菌も悪玉菌が多くなってくるようになり、一層腸内環境が悪化します。

食生活に注意して、快適な生活を送る必要があります。脱毛ラボ 料金 vio