カップめんは自己流で説明書きはパスですね

こちらはカップめんを召し上がるときに、まず野菜など乾燥した加薬はやはり、お湯を押し込める前に入れますが、粉もの、つまりスープの原料ですね、これも先に入れてしまう。粗方これは後入れと書かれているのですが、引き続き注記書きと見ていなく、先日気がついたのですが、それでも先に加薬と一緒に入れてしまう。注記書きで知って一度は後入れしてみたのですが、別途出来ばえは先入れと変わらなかったので面倒なので先に入れてます。それと高いカップめんではスープの原料が二つあることがあり、片側入れ忘れてしまったことがあって、相当ないフレーバーのラーメンですなあというキャリアがあって、直ちに入れたほうが忘れないというのもあるんです。それと、たぬきそばのようなてんぷらを添えるカップめんもこういうてんぷらを後のせにすればサクサク感覚が楽しめると書かれていますが、これもそうしてません。サクサク感覚より融けておるほうが好みなのでそうしてます。つまりカップめんは自分勝手です。カップめんを採り入れるのに注記なんて要らないですよね。到底お湯でなく水取り入れるアホはいないだろうしだ。顔産毛処理